218 Guitras Top Page
218 Guitars

Martin 1969 D-35

SOLD
サイド&バックにBrazilian Rosewood(ハカランダ)が使われた最終年、1969年製のMartin D-35です。

スプルースTop&ハカランダSide/Back(3-Piece)のドレッドノートボディ、マホガニーネック、エボニー指板&エボニーブリッジ、ヘッドストックの突板にもハカランダが使われています。

ナット付近から数センチに渡ってネックのヒビが接着補修されており1弦側ネック裏1~3フレット付近がタッチアップされています。ピックガード内側のピックガードクラックが裏側から補強を入れてしっかり修理されてピックガードは交換済。ペグは一時期他のタイプが取り付けられていたようで各ペグの上部に別のペグ取り付け穴を埋めた跡が有りますが、現在はオリジナルのPAT PEND Groverに戻されており動作も問題有りません。エレアコとして使われていた時期が有りエンドピンがエンドピンジャックサイズになっています。

ネックはライトゲージ弦をレギュラーチューニングしてやや純反り、交換されたフレットは高音弦側ローポジションを中心に減っており最も低い箇所で残り6割程度ですが、気になるようなビビりや音詰まりは無く演奏性は良好。弦高は12F上で1弦2.2mm~6弦2.7mmと適正な範囲内で、上部を削ってブリッジが少し薄くなっているためサドルも1弦側&6弦側共に1.5mm程度余裕が有ります。

リアシフトしたノンスキャロップブレーシングにローズウッド(ハカランダ)の大きなブリッジプレートを採用する事で重めな音色になりがちな年代ながら、軽く弾いてもしっかり反応するレスポンスの良さとハカランダならではのスコンと抜けた芯の太い鳴り、割れの補修歴はあるもののその他は極端に大きなダメージ等は無く年代を考えれば外観は比較的綺麗な状態を保っており、しっかり使えるハカランダのD-35をお探しの方にオススメの1本です。

※委託中古品
ブランド Martin
モデル D-35
製造年 1969年
コンディション B+:通常使用する用途におい問題なし
付属品 非純正ハードケース(Martin近年製)
重量 2.10Kg

お問い合わせ

新着情報はSNSでご確認頂けます